どろの日常

ほぼ日記、もしくは備忘録

ペルソナ5とアシッドジャズ

※本記事のリンクには広告が含まれる場合があります。

今更ながら、ペルソナとアシッドジャズについて調べてみたのですが、思っていたより奥が深い・・・。

 

『ペルソナ5』サウンドインタビュー― 目黒将司氏が語る、新たなペルソナサウンドの聴きどころ ―[2083WEB]

 

インタビューで目黒さんが語っていたように、ベースはジャミロクワイ。

それを踏まえて大体ですがまとめると。※500曲くらい聴いてみた。

 

世界観のベース:ジャミロクワイ

サンプリング元:1990~2005までのジャズ多数

源流:インコグニート

 

と言う感じ。

 

時にインコグニートについてはある意味大きく比重を占めていると思います。

 

リーダーであるブルーイは、ダニーハサウェイに魅せられた一人。

そして、ペルソナ5音楽のメインボーカルであるlyn(稲泉りん)さんも原典はダニーハサウェイのライブ盤と語っています。

 

このように、ソウルとしての根底での繋がりを感じますし、インコグニートの曲を聴き込んでも、ペルソナ5のサンプリング元となった多数のアシッドジャズやニュージャズというものに影響を与えているのは確かで、イコールでペルソナ5音楽にも大きな影響を与えていると言っても良いかもしれません。

 

もちろん諸説あり。ですし、目黒さん自体はインコグニートを知らなかったそうなので、あくまで源流ということですね。

 

再度ペルソナ5のサントラを聴き返しても、完全にペルソナ5の音楽になっているのは本当にすごい。改めてペルソナ音楽の素晴らしさを再認識しました。

 

自分の好きなゲームの音楽がこのような、深い歴史に支えられていることに気付けて良かったです。

 

そういえば・・、もうすぐ(というか明日)ペルソナの新作「ペルソナ5T タクティカ」が発売されます。タクティクス系RPGとしてのペルソナということで、とても楽しみですね!

コピペ用ですがプレイリストも公開してます。

よかったらご覧ください。↓