どろの日常

ほぼ日記、もしくは備忘録

ドラゴンズドグマ2の感想【良い所と不満点/クリアレビュー】

※本記事のリンクには広告が含まれる場合があります。

SteamPC版デラックスエディション購入、プレイ時間30時間(非クリア)ほどの感想。

過去作はオンライン以外は全てプレイ済み。PCスペックはryzen5600xとRTX3070という旧世代機です。

 

まぁ、重いったらなんの

 

プレイ開始からすでに重く、王都に入ってからはもうガックガク

 

計測すると大体ですが、DLSS込みでも低設定で40~60を行ったり来たり。高設定だと最低値が変わらないものの、落差が大きくなります。

 

これは、絶対荒れるぞ・・・・。とサイバーパンクを初日からやりこんでいた時に近い悪い予感がありましたが、やはり炎上。

同様に最適化不足やクラッシュなど、詰めの甘さが多くのユーザーから指摘されています。

 

※動的解像度をオンにするとかなりフレームレートが改善するのでおすすめです。

 

とはいえ、

関係ねぇこのために休み三日取ったんだ

と私は世間の声を無視してとりあえず30時間プレイしました。

 

その中での感想を簡単に箇条書きにしたいと思います。

 

良かった所

・過剰なポ〇〇レが無い

・序盤の始まりからグッと引き込まれるドラゴンズドグマらしい演出

・前作からのポーンシステム継続

・面倒くささと【旅してる感】のバランスの絶妙さ

・広大なフィールドとシステムが噛み合っている

 

不満点

・中盤以降の難易度がイカれてる(グリフィンの急襲多すぎ)

・中盤以降プレイ体験に重点が置かれるため、ストーリー演出が塩

・牛車の事故多発しすぎ

・飛石もっとくれ

・戻りの礎もっとくれ

 

この中でも、広大なフィールドとシステムの噛み合いが良いのは素晴らしいと思います。ランダムにイベントが発生し、野良ポーンもしょっちゅう歩いているので、時には共闘したり、スカウトしたり。

 

パーティポーンも常に何かしら喋るので、オープンワールドにありがちな探索時の虚無感がありません。

 

ドラクエのような【ここから先はレベル上げが必要】という導入もあり、あくまで日本のゲームなんだと感じさせられるのも良い所です。

 

一番の不満点は飛石と戻りの礎が手に入りにくい所。

この点も課金誘導として炎上しているので、開発陣の名誉のために言っておきますが、実は前作から変わっていません。

 

少ないリソースを管理しながら、金策と安全なルートを把握する。そのルーティーンが確立されると楽になり、実際に冒険者として生計を立てているような感覚と没入感がある。

 

クソめんどいシステムなんです。

 

今のユーザーってそういうの嫌うよ?大丈夫そ?

と思ってしまうので、もう少しライト向けにしても良かったのではないか。

 

低難易度を設定出来るようにして、引き継ぎ不可の永久飛石と礎を3つ持ってスタートなど、やりようはいくらでもあったと思います。

バルダーズゲートが鬼畜仕様でもそれなりに支持されているのは、難易度設定次第でまず世界観に慣れることが出来るからです。

 

個人的には、このクソめんどいシステムとポーンシステムを継続してくれただけでも神ゲー認定ですが、私みたいな古参がニヤニヤしながら楽しめるゲームだとドラゴンズドグマというIPの先行きがやや不安です。

 

サイバーパンクのように最適化を進め、全体的な難易度も調整し、爽快感ある旅を多くのユーザーが体験出来るようにしてほしいと切に思います。

 

現段階では古参としては95点、客観的には78点。

以上。

 

【クリアレビュー】※ネタバレ有※プレイ時間50時間

はい、怒っています。

まずは第一声・・・・

 

加護なき世界の仕様いいかげんにしろ

 

なんで、数時間プレイした後に死ぬとセーブデータ巻き戻しになるんだよ。

元の世界じゃ直前からやり直し出来たのに・・・。せめて事前説明が欲しい。

 

驚いたでしょ~~~加護なき世界ですから~~~

 

いや、そういうのいらん。

 

無意味なストレスをユーザーに押し付けるのやめてもらって良いですか?

(真顔ひろゆき)

 

流石に擁護出来ない点が今作は多すぎ。

真エンディングも良かったし、旅自体は楽しかった、でも尖り=不親切に直結している部分がどうしても評価を下げてしまう。

 

前作と比較しても、より不便になったが便利になった部分は無し。という印象。

 

総評としては80点

アプデでいくらでも挽回出来るゲーム性だと思うので、そこに期待を込めての点数です。なんだかんだ言っても結局好きなんですよねドグマが。

 

DLCもエンドコンテンツや装備の追加など、もしかしたらあるかもしれないので気長に待ちたいと思います。